ようこそ! 「家庭菜園の土作り」へ

最新コンテンツ

☆ メキャベツの土作りと肥料 (野菜別の土作りと肥料)を掲載しました。 :2009/07/12
☆ ミツバの土作りと肥料 (野菜別の土作りと肥料)を掲載しました。 :2009/07/11
☆ 落花生の土作りと肥料 (野菜別の土作りと肥料)を掲載しました。 :2009/07/10
☆ ピーマンの土作りと肥料 (野菜別の土作りと肥料)を掲載しました。 :2009/07/09
☆ レタスの土作りと肥料 (野菜別の土作りと肥料)を掲載しました。 :2009/07/08

家庭菜園の土作りへようこそ

家庭菜園の土作りや肥料の施し方などを野菜別に解説します。

家庭菜園の作り方の第1歩は、土づくり…。良い土壌を使って家庭菜園をれば、収穫の楽しみも増えてきます。

野菜の栽培での理想的な土は、培養土(堆肥と腐葉土を混ぜ合わせた土)です。この培養度は、非常に豊富な栄養分を含んでいます。しかも、全体が団粒構造(だんりゅうこうぞう)で、水はけが好く、空気の流通も良いという利点があります。

では、このような培養土をどのようにしたら作ることができるのでしょうか?

まず、堆肥ですが、これは稲わらを細かく切り刻んだものに鶏糞や牛糞、米のとぎ汁などを加えて、発酵を充分にさせたものをいいます。そして、腐葉土の方ですが、これは樹木の落ち葉が堆積して腐って土となったものです。理想的な培養土は、この堆肥と腐葉土の二つが混ぜ合わさったものです。

しかし、現実には、このような理想的な培養土は、なかなか手に入りません(特に都会では…)。そのため、次善策としてできることは、菜園の土をできるだけ深く耕すことになります。そうすることにより、菜園の土の組成の粗大化によって団粒構造に近づけ、水はけと空気の流通を良くすることができるのです。しかしながら、これではまだ、菜園の土の栄養分が欠けたままの状態です。深く耕すことで水はけと空気の流通は改善できたとしても、つちの栄養は増えません。そこで肥料の施しが必要となるのです。

家庭菜園で施す必要がある肥料は以下の5つです:
これらを一般的に「五大肥料」と呼んでいます。
●「窒素」
●「リン酸」
●「カリ」
●「石灰」
●「苦土(クド)・・・酸化マグネシウム」

これらの肥料を施すことにより、菜園の土に栄養をしっかりとつけ、土地を根気よく耕すことで、立派な家庭菜園の土づくりをする…このことが、あなたの家庭菜園作りを成功させるカギとなります。